>

おしゃれは誰の為?

真似してみる

自分の好みの服を着ていると、「それ、どこで買ったの?」と聞きたくなりますよね。
でも知らない人には聞けないし、知人でも直接聞くのは恥ずかしいということはよくあります。
そういう時は、ブログやインスタグラムで、同じ年代の人のファッションを参考にするとよいかもしれません。
彼女たちは、高価なブランド服ばかり着ているのではなく、身近で売っている服を上手にコーディネートしていることに気が付きます。
かといって、どこにでもあるありふれた洋服という風には見えません。
自分らしく上手に着こなしているから、よく似合っていますし、高そうな服だなぁという印象を受けます。
おしゃれに自信がない人は、まずは誰かのを真似してみるのもよいでしょう。

アレンジしてみる

だんだんおしゃれに自信が持てるようになったら、自分らしいファッションを取り入れてみるとよいでしょう。
ファッションに無限にお金をつぎ込めれば問題ないですが、実際には、使えるお金は限りがあります。
できるだけお金をかけずにアイテムを増やしたいのが本音です。
そういう時には、郊外型の大型衣料品量販店を利用するのも手です。
安くて、さまざまなアイテムが揃っています。
洋服も、上から下まで一つのところで買うのではなく、別のところで買えるようになったら、おしゃれの上級者です。
プチプラコーデに、何かアクセントとしてブランド物を混ぜてみるなんてことが自然に出来るようになったら、次のファッションリーダーは、あなたかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る