新しい服、どこで買う?

毎日着る服に悩みますよね。 学生時代は制服があったので楽でしたが、毎日私服となると、あまり同じ服ばかり着るのも嫌ですし、かといって服にばかりお金はかけられない。 が、街を歩けば、おしゃれな人がたくさんです。 みんなどのようなところで洋服を購入しているのでしょうか。

おしゃれは誰の為?

おしゃれは難しいです。 自分では、おしゃれと思っていても、他人から見たらとんでもないファッションだと思われてしまうこともあります。 おしゃれは、誰の為にするのでしょうか。 自分のためにするものです。 でも、人からおしゃれな人だと思われたい。 そんなおしゃれの楽しみ方をまとめました。

今日、何着よう?

おしゃれに毎月どのくらいお金をかけていますか?
新作の洋服が欲しい!新しい靴が欲しい!水着が欲しい!コートが欲しい!
欲しいものをあげればきりがないです。
しかし、あれもこれも全部買うのは現実的に難しいです。
他にも、買わなければならないもの、しなくてはならないことがたくさんあるからです。
限られたお金の中で、できるだけおしゃれをしたいと考える人は、少なくありません。
最近では、ファストファッションという言葉を耳にします。

明治時代になり、西洋から洋服という文化が入って来、最初は、洋服を個人に合わせて仕立てられていました。
オートクチュールです。
その頃は、まだ着物中心の世の中で、洋服を着る人は、ごく一部の限られた人だけでした。
しかし、時代が進むにつれ、人々も着物から洋装へと変わり、オートクチュール中心からプレタポルテ中心へとうつって、誰でも洋服を着るようになりました。
洋服を買うと言えば、百貨店で買うイメージを持つ人が多いでしょうが、近頃では、百貨店で洋服を買うよりも、一桁少ない金額で洋服を購入できるお店が増えてきました。
海外から安いアパレルメーカーも入ってきています。
インターネットで、安く販売している店もあります。
消費者は、さまざまな選択肢から選ぶことが出来ます。
ハレの日は、少し高価な洋服で、普段の日は、あまりお金をかけない服装でと考える人も少なくないと思います。
しかし、お金をかけないといってもおしゃれをしたいのが女心です。
ファストファッションは、そんなおしゃれな女性の味方です。

必要最低限でおしゃれ

飽和、大量生産の時代、本当に必要な物だけしか手元に置かないシンプルな生活を送る人が増えてきています。 食器や家具はもちろん、服も靴もバッグも必要最低限だけというミニマリストたちのクローゼットはどのようになっているのでしょうか。 ミニマリストに焦点をあててみました。

TOPへ戻る